ジャンル・シリーズ別

特集

audience_kakumei-1_2_aka.jpg
project_banner_2012.jpg
NCB_logo.jpg
practicalogo2.gif
event-banner3.gif
banner_filmart.gif
twitter_logo_outline.gif

お問合せ・連絡先

株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル

tel : 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp

RSSフィード

« 2012.10.22 Mon | メイン | おとなりのおんがくか »

世界を変えるSHIEN学
力を引き出し合う働きかた

shienobiari_HP.jpg舘岡康雄 著/四六判/224頁/定価:1,800円+税 / ISBN 978-4-8459-1295-7
11月21日発売!
「支援」から「SHIEN」へ
 ──新しい時代の問題解決法!


新しい時代の到来ととともに、新しいパラダイムに合った生きかたや、働きかたが求められています。
「競争社会から決別し、利益をあげながらも、社員が豊かで安心できる働きかたへ」 「互いに不満を持つのではなく、同じヴィジョンに向かい尊敬し合う働きかたへ」
本書では、従来の「支援」ではなく「SHIEN」という言葉をもとに、対等感の中で、新しい価値を生みだすことを提案します。他者を大事にする考えかた(=利他性)を軸に行動を起こすこと。重なりのなかったところに重なりを作り、「してあげる」と「してもらう」行為を交換すること。
一人ひとりの新しい働きかたを見つけるために、関係性を高め合う「SHIEN」の精神を実践してみませんか。

■「あなたが他者に与えれば、社会があなたを幸せにする。
 SHIENとは不思議な生き方だ」 ──資生堂名誉会長 福原義春
■ 影山知明、服部みれい、望月智行/対談収録







──以上、著者による「はじめに」




■PROFILE■

舘岡康雄(たておか・やすお)
東京都生まれ。東京大学工学部応用化学科卒業。日産自動車中央研究所材料研究所に入社し、研究開発部門、生産技術部門、購買部門、品質保証部門を経て、人事部門で日産ウェイの確立と伝承を推進。現在は、静岡大学大学院教授。博士(学術)。
1996年から、プロセスパラダイム、コーズパラダイムを提唱し、SHIENに関するワークショップや講演活動を展開。2005年にはSHIEN研究会、2009年には天分研究センターを設立し、現在活動中。ABEST21専門審査委員、顧客ロイヤルティ協会顧問、山城経営研究所コーディネーター、ビジネスブレークスルー大学大学院客員研究員。主な著書『利他性の経済学:支援が必然となる時代へ』(新曜社)。

■CONTENTS■

はじめに

序章 支援とSHIENの違いとは
基本ワード解説――SHIEN学がよくわかる4つの言葉

第1章 【基礎編】SHIEN学入門ーSHIENが主役の時代へ

1 必然で生まれたSHIEN学とその背景

 SHIENが生まれたわけ
 閉塞感いっぱいの社会で
 競争の時代は終わった
 奇跡的大復活劇の体験
 パラダイムシフトの芽生え
 閉塞感から解放されるためのSHIEN学
 自動車会社には、20世紀社会の縮図がある

 リザパラの時代とプロパラの時代の違い
 なぜ管理は生まれたのか
 物質の豊かさから、心のつながりの時代へ
 プロセスパラダイムの時代になると
 プロセスパラダイムで社員が変わる
 プロセスパラダイムは「心」の時代

 リザパラはプロパラの母体
 N社のプロパラへの移行
 部門間を越えたSHIENがはじまる
 SHIENは自然発生した

2 新しい時代の新しい問題解決法

 してもらう/してあげる能力を高める
 思いも寄らない「解」が浮かぶ
 お互いの力を引き出し合おう
 相手に弱みを見せてみる
 テクニックでなく、「関係性」
 よい質問をする、よく褒める
 エンパシーを高めよう

 重なりのないところに重なりをつくる
 N社を再生したチームとは?
 第3スペースにジャンプしよう
 新しいリーダーのありかた

 天分に出合う
 天分で仕事をする時代
 自分の天分の見つけかた
 相手の天分を一緒に立ち上げよう
 自分を立ち上げるために
 本質が問われる時代に
 幸せの意味を考える
 お金の価値について考えよう

3 SHIENさえ必要としない未来へ

 コーズパラダイムの時代へ
 プロパラの未来型は?
 シンクロニシティが起こる瞬間

 持続可能な社会とは?
 拡大成長型企業の末路
 長寿企業に未来のヒントが

 新しい働きかたの時代へ
 働きかたが変わってくる
 ON/OFFが混在する自由

◎インタビュー SHIEN学とわたし 1 東野翠れん(フォトグラファー、モデル)


第2章 【対話編】豊かなSHIENの実践
 社会とSHIEN学 影山知明(NPOコレクティブハウジング社代表理事、クルミドコーヒー店主)
 女性とSHIEN学 服部みれい(文筆家、『マーマーマガジン』編集長)
 組織とSHIEN学 望月智行(川越胃腸病院院長)

◎インタビュー SHIEN学とわたし 2 竹川亮三((元)ケンウッドデザイン社長、日本感性工学会理事)


第3章 【応用編】SHIENの未来を考える
 問題とSHIENの関係
 「本当の自分」を立ち上げる
 SHIENは自然や食を大切にする
 SHIENマネジメントとは?
 天分にコミットする
 幸せにコミットする
 シンクロニシティが起こるわけ
 新しい科学の可能性
 これからの世界と日本の天分

■ 特別付録 SHIENを体感し、体得するためのワークショップ 

おわりに



■SAMPLE■