ジャンル・シリーズ別

特集

audience_kakumei-1_2_aka.jpg
project_banner_2012.jpg
NCB_logo.jpg
practicalogo2.gif
event-banner3.gif
banner_filmart.gif
twitter_logo_outline.gif

お問合せ・連絡先

株式会社 フィルムアート社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル

tel : 03-5725-2001
fax: 03-5725-2626
e-mail: info@filmart.co.jp

RSSフィード

« 建築デザイン 101のアイデア | メイン | 2009.8.6 Fri »

写真を撮って投稿しよう! Please upload your Sharaku-Men!

sharakuHP11.jpg


写楽面の作り方&遊び方


さっそく『写楽面』をご購入されたい方はコチラ!!




写楽面GALLERYを見てみる方はコチラ!!

galleryao.jpg




sharakuHP2.jpg

sharakuHPoubo.jpg


写楽面をつけたあなたの写真を投稿してください!

Please take photos with these Sharaku eye mask (sharakumen) at different places and upload in tumblr-website !


※WEBサービス「tumblr」サイトに移行します。画面の案内に従ってアップロードしてください。
※不適切と思われる画像は管理者にて削除させていただく場合がございます。ご了承ください。






写楽面とは?

江戸時代(1603~1867)、写楽という極めて個性的な浮世絵師がいました。
「浮世絵」とは、当時の風俗画のことで、写楽はその中でも「役者絵」
(歌舞伎の役を演じる役者の絵 )という、現代のブロマイドを得意としていました。

デフォルメされた顔の細部、ド派手な色使い、狂った大胆な構図。
役の個性とそれを演じる役者の個性を、ぎゅっと濃縮して描いた写楽の浮世絵には、
驚くほど粋なユーモアと、本質を見抜く鋭い視点がありました。
 
そんな写楽の象徴とも言えるのが「役者絵」に出てくる個性的な「目」。
その「目」をモチーフにマスクを作り、ポストカードにして「写楽の粋」を
世界中にばらまこう、というのが小社『写楽面』の試みです。

この面の形は、江戸時代に博多で流行した即興狂言「博多にわか」の半面が元になっています。
「写楽」と「博多にわか」という 江戸に産まれた粋な文化ふたつを融合させました。 
この「写楽面」をつければ、誰しも写楽の描いた「役者」になってしまうはずです。
あなたも、家族も、友達も!
いろんな人に送って、世界中のみんなを「役者」にしてしまいましょう。
プレゼントに、パーティに、写楽のとびきり粋な世界を存分にお楽しみください。

WHAT IS SHARAKU-MEN?

Sharaku was one of the most famous exponents of the art of Ukiyoe which is the pictures of everyday life that were wildly popular in Edo era Japan (1603 -1867 ).
He was an extraordinary painter who originated a style of depicting subjects with exaggerated features that was both strikingly bold and colorful.
Actors from the traditional Japanese theatre art of Kabuki was his favorite subject and Sharaku was a master of melding characters from the plays with the individual actors playing them into humorous compositions that captured the vibrancy of his subjects.
The intrinsic essence of any Sharaku print could always be found in the eyes of the subject.
This book has taken that essential element and used it to create eye mask postcards to help spread the "iki" * of Sharaku around the world.
This book is called "Sharaku-men" meaning "Sharaku eye mask".
The shape of the mask comes from the mask used in inprovising Kyogen called "Hakata Niwaka" which was also popular in Edo era. We made those two cultures of Edo era, "Sharaku" and "Hakata Niwaka" meet each other.

You, your friends, your family or anyone can become Sharaku depicted
actor just by wearing one of these "Sharaku-men".
You can give them to friends, send them as presents or even take them
to parties.
Let's enjoy Sharaku's "iki"!

# Iki is an aesthetic and moral ideal developed by urban commoners in the late Edo period. This idealizes not only an urbane, chic, or bourgeois type of beaty but also the sophisticated life of a person who enjoys sensual pleasure.