スタンダップコメディ入門

「笑い」で読み解くアメリカ文化史

Saku Yanagawa=著
発売日
2023年6月24日
本体価格
2,200+税
判型
四六判・並製
頁数
312頁
ISBN
978-4-8459-2137-9
Cコード
C0074

その他のネット書店から購入

ミンストレル・ショーからクリス・ロックまで
知られざる一大エンターテインメントの180年史!

わかりあえない他者とわかりあうため
社会の矛盾と差別に抗うため
変わりゆく社会と分断のなかで
コメディは一体何を表現してきたのか?

世界の舞台で活躍するスタンダップコメディアン
Saku Yanagawaが語る!

本書は、アメリカを拠点に活動し、フジロックのメインステージにMCとして出演、2021年フォーブス・アジアの選ぶ「世界を変える30歳以下の30人」にも選出されたスタンダップコメディアン、Saku Yanagawaによるスタンダップコメディの入門書です。

アメリカのエンターテインメントの源流であり、スタンダップコメディの先駆けとなったミンストレル・ショーから、専門劇場であるコメディ・クラブの誕生、テレビからインターネットへの変遷まで、「笑い」からアメリカ文化と歴史をひも解いていきます。

近年、SNSでの炎上やそれに伴うキャンセル・カルチャー、あらゆる分断の可視化が目立っていますが、本書では日本人・アジア人ならではの視点と、異国の地で10年以上ステージに立つ現役のコメディアンとしての立場から、学術的な見地を用いて「コメディが表現してきたこと」を解説しています。

コメディ俳優としても知られているロビン・ウィリアムズ、エディ・マーフィ、ジム・キャリー、ウーピー・ゴールドバーグなど、スタンダップコメディアンとしてキャリアをスタートさせた著名人は多いものの、日本ではあまり馴染みのないスタンダップコメディについて、その定義や基礎知識、アメリカにおけるその受容と成り立ちの歴史を紹介し、スタンダップコメディとは何かに迫る内容です。

巻末付録としてスタンダップコメディ年表および、用語辞典を収録。スタンダップコメディを深く理解するための情報が詰まった、入門書かつ決定版となる一冊です。


目次

はじめに

第1章 スタンダップコメディとは何か
スタンダップコメディの定義/スタンダップコメディアンとは誰か?/コメディ・クラブ/コメディ用語/成功までの道のり/パフォーマンスとしてのスタンダップ

第2章 コメディ・クラブ誕生への道──スタンダップコメディの歴史I
ミンストレル・ショー/ユーモリストと講演/ヴォードヴィルの時代/レビューとバーレスク/ラジオとトーキー/ナイト・クラブの興隆/ボルシチ・ベルトとユダヤ系コメディアン/リゾート開発と新しいステージ/テレビへの進出/新しい世代のコメディアンたち/コメディ・クラブの誕生

第3章 テレビからインターネットへ──スタンダップコメディの歴史 II
一九七〇年代──検閲とHBOの登場/一九八〇年代──コメディ・ブーム到来/黒人コメディの歴史/一九九〇年代──オルタナティヴ・コメディの時代/二〇〇〇年代──インターネットの時代/二〇一〇年代──ネットフリックスの台頭

第4章 「笑い」を決めるのは誰か──スタンダップコメディの現在
ウォーク・カルチャーとキャンセル・カルチャーの時代/キャンセルされたマジョリティ/キャンセルされたマイノリティ/分断とコメディ/他者への〝いじり〟と自虐

おわりに

参考文献
スタンダップコメディ年表
スタンダップコメディ用語辞典
人名索引

プロフィール

[著]
Saku Yanagawa
1992年生まれ。アメリカ、シカゴを拠点に活動するスタンダップコメディアン。
これまでヨーロッパ、アフリカなど10カ国以上で公演をおこなう。シアトルやボストン、ロサンゼルスのコメディ大会に出場し、日本人初の入賞を果たしたほか、全米でヘッドライナーとしてツアー公演。日本ではフジロックに出演したほか、2021年フォーブス・アジアの選ぶ「世界を変える30歳以下の30人」に選出。シカゴで初の国際コメディフェスティバル「ワールド・コメディ・エキスポ」の芸術監督を務めるほか、年間400本以上のステージに出演。大阪大学文学部、演劇学・音楽学専修卒業。
著書に『Get Up Stand Up! たたかうために立ち上がれ!』(産業編集センター)がある。