ヒッチコックとストーリーボード

9 つの傑作から解き明かす画面づくりの秘密

トニー・リー・モラル=著
上條葉月= 訳
発売日
2024年8月21日
予価
4,000円+税
判型
A4判変型・並製
頁数
144頁(仮)
ISBN
978-4-8459-2323-6
Cコード
C0074
原題
Alfred Hitchcock Storyboards

その他のネット書店から購入

サスペンスの巨匠、アルフレッド・ヒッチコック。
その秘密の眠る、もうひとつの「映画術」

人々を驚愕させたヒッチコックの名シーンたちは、
いかに構想され、映像化されたのか?

膨大な未公開資料から、
ソール・バス、サルバドール・ダリ、ヘンリー・バムステッドら、

偉大な協力者たちとの共同作業を掘り起こし、
映画史に残る傑作群の舞台裏を解き明かす。

映画ファン必読の一冊!

 

ストーリーボードとは実際、何なのだろうか?  ストーリーボードは、コンテンツ制作者や監督のヴィジョンをイラストレーターが表現したもの、と定義できる。それは漫画のコマのようにイメージの連続で構成され、異なるシーン同士をどう組み合わせるかのアイデアをくれるものだ。(本文より)

ストーリーボードとはすなわち、現在における〈プリヴィズ(Pre-Visualization)〉の始原であり、とりわけヒッチコックはストーリーボードを自身の方法として重要視していたことが知られています。ヒッチコック曰く「滅多に自身ではカメラを覗かない、なぜなら前にストーリーボードで作ったのと同じ映像になっているからだ」。

本書では、ヒッチコックの実作における共同制作者たちとのストーリーボード――プロダクション段階における様々なイラストレーション、舞台セットのスケッチ――の役割を探ります。貴重な関連図版を数多く掲載し、『めまい』『サイコ』『鳥』『北北西に進路を取れ』等々9つの傑作の制作過程から、最終的な作品に辿り着くまでの軌跡を辿ります。

アルフレッド・ヒッチコックの想像=創造過程を知るにおいてはもちろん、動画制作者やデザイナー、漫画制作者など、あらゆる視覚的創作の基礎ともいえる思考・方法を学ぶにも役立つ一冊です。

ヒッチコックはそれぞれのシーンを“それ自体で小さな映画”であると捉えていた。TikTokであれInstagramであれ短編コンテンツのストーリーボードを考える上で、『三十九夜』においてヒッチコックがどのようにストーリーをつなぎ合わせて「エピソード映画」全体を作り上げたのかを見ていくことは、素晴らしいインスピレーションを与えてくれる。(「Chapter 1――『三十九夜』」より)


目次

イントロダクション
Chapter 1――三十九夜(1935)
Chapter 2――疑惑の影 (1943)
Chapter 3――白い恐怖 (1945)
Chapter 4――めまい (1958)
Chapter 5――北北西に進路を取れ (1959)
Chapter 6――サイコ (1960)
Chapter 7――鳥 (1963)
Chapter 8――マーニー (1964)
Chapter 9――引き裂かれたカーテン (1966)
CONCLUSION: トパーズ(1969) & ファミリー・プロット (1976)
用語集
フィルモグラフィ&索引
謝辞