MCU

比類なき映画スタジオの驚異的〔マーベル〕な逆転物語

ジョアンナ・ロビンソン/デイヴ・ゴンザレス/ギャヴィン・エドワーズ=著
島内哲朗=訳
吉川悠=監修
発売日
2024年7月26日
予価
3,000円+税
判型
A5判・並製
頁数
560頁(予定)
ISBN
978-4-8459-2328-1

その他のネット書店から購入

「一番いいアイデアが勝つ」

圧倒的な創造性と、常識にとらわれない発想を武器に世界中を魅了する「宇宙〔ユニバース〕」を創り出した史上最大のエンターテインメント企業、マーベル・スタジオ。
関係者たちへの取材によって、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の知られざる歴史がついに明かされる。

失敗と破滅と破産から、マーベル・スタジオは始まった――

自社キャラクターの権利を抵当に入れて融資を受け、絶対に失敗することができない状況の中で制作された『アイアンマン』。

主役は、それまでのキャリアで「ほぼ完璧な商業的失敗記録」を更新し、薬物乱用者としてハリウッドの問題人物として知られていたロバート・ダウニー・Jr。
しかもアイアンマンは、マーベルのキャラクターの中でも一般的な認知度が低く、「二軍」扱いだった。

マーベル・スタジオの未来はこの1本にかかっていた。

2008年に公開された『アイアンマン』は世界的な大ヒットを記録。
マーベル・スタジオが、負けの許されない賭けの連続に勝利した瞬間だった。
いまや、マーベル・スタジオ製作の映画やテレビ・シリーズは世界のポップ・カルチャーを席巻し、史上最も成功したフランチャイズとなっている。

本書は、1970年代のマーベル初期映像作品、そしてスタン・リーが立ち上げた「マーベル・プロダクション」の失敗やトイ・ビズによるマーベル・コミックの買収など、マーベル・スタジオ設立前史から、『アイアンマン』以降のマーベル・シネマティック・ユニバースの成功、そしてディズニープラスでの新展開まで余すところなく記述している。

ケヴィン・ファイギ、ボブ・アイガー、ロバート・ダウニー・Jr、ジェームズ・ガンをなど、MCUを取り巻く主要人物へのインタビューを収録するとともに、プロデューサー、脚本家、アーティスト、キャスティング担当者などMCUを支える多くのスタッフの声を記録し、ニコール・パールマンやヴィクトリア・アロンソなどMCUに多大な貢献をしながらもこれまであまり知られることのなかった人物についてもスポットライトを当てている。

本書はマーベル・スタジオ年代記の決定版であると同時に、監督・俳優の降板や多様性や新展開への無理解、創造性〔クリエイティヴィティ〕と経営〔ビジネス〕の対立、パンデミックによる製作・公開の停止などあらゆる困難を乗り越え、IPビジネスとストリーミングで世界有数のエンターテイメント企業となった新興スタジオの戦いの物語でもある。

「正史」では決して語られることのない、「真の」MCU年代記がここに。
世界中のマーベルファン、MCUファンを納得させたベストセラーが待望の邦訳!

 

本書で明かされるエピソードの一部
・『アイアンマン』の主演はトム・クルーズだった?
・MCU最初のイースター・エッグ〔何らかの関連性または参照性を持つ小ネタ〕は?
・スタン・リーのカメオ出演と並んでMCUのトレードマークとなったポストクレジット・シーン誕生のきっかけは?
・『インクレディブル・ハルク』主演のエドワード・ノートンが「面倒くさい野郎」判定された理由とは?
・サミュエル・L・ジャクソンがニック・フューリー役にキャスティングされる理由となったコミックスの存在
・ローズ中佐役がテレンス・ハワードからドン・チードルに変更した理由
・エドガー・ライトが「作品に対する見解の違いにより」『アントマン』の監督を降板した舞台裏
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の脚本クレジットに関するニコール・パールマンとジェームズ・ガンの確執
・「スモール・フェイセス〔Small Faces〕」という暗号名で呼ばれ、もう少しで実現するところだった映画『ランナウェイズ』の存在
・中国市場に参入するために『アイアンマン3』はいかに根本的な変化を迫られたか
・MCUを支えるVFX企業の戦いと労働問題
・2014年がマーベル・スタジオ史上最も重要な年である理由
・スパイダーマンの権利をめぐるマーベルとソニーの関係
・ジョス・ウェドンはいかにしてケヴィン・ファイギより大きな権力を持つようになったのか?
・ボブ・チャペック(当時ディズニーCEO)が巻き起こした混乱とフェーズ4の失敗